フロアコーティングをするにはこんな理由があります。

なぜフロアコーティングは必要?

綺麗なフローリングを維持するために欠かせないフロアコーティングですが、そもそも「フロアコーティングを施工する必要性」とは何なのでしょうか?
フロアコーティングを施工する目的には、別ページでもご紹介した様に多くの理由がありますし、またフロアコーティングを施工しないと出てくる様々な不都合も見逃せません。
弊社「コーティングPRO」では、フロアコーティングを施工する必要性をしっかりご紹介していますので、施工を依頼する前に是非ともご一読下さいませ。

綺麗な環境を維持してアレルゲンを防止します。

アレルゲン対策

最近の住宅事情は、高い気密性・室内で飼うペットの増加などが見られるので、それに伴って「屋内アレルゲン」が増加しています。
屋内アレルゲンが溜まると、人体に様々な影響が出る事が分かっています。
代表的な影響だとぜんそくなどの呼吸器系の疾患・ダニやカビなどが発生しやすくなるなどがあります。
このアレルゲンを退治するにはこまめな掃除がポイントですが、弊社が施工している「抗菌・抗ウィルスコーティング」は、掃除の手間を減らす事はもちろん、空気を綺麗に維持するコーティングが好評で、多くのお客様からご支持を頂戴しています。

比較される事の多いフロアコーティングとワックス、こんな違いがあります。

フロアコーティングとワックスには施工内容が異なる

フローリングのお手入れ方法として広く知られているのが、フロアコーティング・ワックスです。
よく似たこの2つの施工方法、実は様々な違いがある事はご存知でしょうか?
まずは、施工した時の「膜の状態」ですが、フロアコーティングが硬いのに比べて、ワックスは軟らかいです。
小さな子供さんがいる家庭では、硬いフローリングでは落下した時のケガが気になります。
また、「施工後の耐久年数」は、フロアコーティングが10〜30年と長期間に対して、ワックスは定期的なメンテナンスが必要となっています。
それに比例して施工費用も、ワックスよりもフロアコーティングの方が高価となっています。
「コーティングPRO」では、事前にしっかりとお見積りさせて頂くので安心です!

撥水効果が薄いフローリング、思わぬ事が発生します。

フローリングが水で滑ると、ペットがヘルニアに?

「コーティングにPRO」が施工するフロアコーティングには、汚れや傷から大事なフローリングを保護する施工などがありますが、施工内容の中には「撥水施工」もあります。
撥水施工とは、その名の通り、水を弾く効果をもたらすフロアコーティングの事ですが、実は撥水効果が薄いフローリングでは、自宅で飼っているペットが「ヘルニア」になる可能性もあります。
撥水効果が薄いフローリングが水で濡れていると、滑りやすくなります。
また、ペットはフローリングから体までの距離が短いので足を踏ん張る必要が出てきます。
踏ん張る回数が増えると足腰に負担が掛かり、その結果、ペットがヘルニアを患う可能性もあるのです。
「コーティングにPRO」でペットをヘルニアから守りませんか?

フローリングを綺麗に維持するには特殊溶剤を使います。

水まわりの床には耐薬品・耐油性溶剤が欠かせません

フロアコーティングを施工するにあたり、弊社「コーティングPRO」では、耐薬品・耐油性に優れた溶剤を使用します。
この耐薬品・耐油性に優れた溶剤は、水回りの床にはとても重要な役割を果たしています。
例を挙げると、合成樹脂系・エポシキ系などの成分で出来た溶剤は、耐薬品・耐油性に優れています。
これらの溶剤を使ってコーティングされたフローリングは、洗剤などうっかり落としたり、美容室など日常から床に掛かる負担が大きい場所に適しています。

「コーティングPRO」では、フロアコーティングを始めとした様々なコーティングを施工しております。
フローリングや窓ガラスなど、お客様が施工を希望する箇所に「迅速・確実・安心料金」で施工させて頂きます!
ご相談のみでも構いません。
お気軽にご連絡下さい!

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問