同じような商品と思われがちですが、しっかりとした違いがございます。

窓ガラスフィルムとどう違う?

紫外線カットによる日焼け防止・赤外線カットによる冷暖房費節約・地震や台風などの自然災害でのガラスの飛散防止など、様々な用途で用いられている窓ガラスフィルム

それらの目的の中で、当社の窓ガラスコーティングは、紫外線カット・赤外線カットに特化した商品となります。
窓ガラスフィルムの商品によって異なりますが、窓ガラスフィルムは可視光線透過率が低い商品が多くなります。(日中でもお部屋の中が暗くなってしまいます。)

当社の窓ガラスコーティングと同等の紫外線カット率(99%)・赤外線カット率(90%)・可視光線透過率(70%)を備えた窓ガラスフィルムは、ほんの一部の高価な商品のみとなってしまいます。

また、窓ガラスフィルムは接着剤が必要な事に対して、窓ガラスコーティングは接着剤が必要ありません。
そのため、接着剤の劣化による、白濁やフィルムの剥がれなどと言った心配もございません。
詳しくは弊社スタッフまでお気軽にお問い合わせください!

ただ、窓ガラスフィルムには、飛散防止効果や目隠し効果、防犯効果、デザイン性などを求める事ができます。
そういった点で窓ガラス工事をご検討の場合は、窓ガラスフィルムがオススメです。

太陽が沢山入る部屋は明るくて快適です。

可視光線透過率75%

窓ガラスを選ぶ時の基準として挙げられるのは、大きさ・厚みなどがありますが、その中には「明るさ」もあります。
窓ガラスの明るさを表す指標として「可視光線透過率」があります。
この可視光線透過率が高い程明るさがあり、暗さを感じる事が少なくなります。
弊社「コーティングPRO」が施工する窓ガラスコーティングの可視光線透過率は75%。暗くない快適な窓ガラスを維持する事が出来るので、窓ガラスのコーティングを検討している方におすすめです。

接着剤を使わない窓ガラスコーティングを採用しています。

接着剤不使用

毎日の生活の中で、明け方や夜など時間を問わず眺めるのが窓ガラスです。
しかし、眺める窓ガラスが虫や汚れなどがあると気分が落ち込む事があります。
また、紫外線・赤外線などが差し込むと、家具が日焼けする事もあります。
その際に弊社が施工する「窓ガラスコーティング」は、接着剤を使いません。
そのため、接着剤に含まれる薬剤による影響を心配する事がないので、小さな子供・お年寄りがいるご家庭に最適です。
施工費用などお気軽にご連絡下さい!

長く効果が続く事がポイントです。

耐久性15年以上

紫外線や赤外線、窓ガラスに張り付いてくる虫や結露などは、大事な窓ガラスにとっては不快なものです。
それらの要因から窓ガラスを保護してくれるのが「窓ガラスコーティング」です。
私ども「コーティングPRO」が施工する窓ガラスコーティングは、通常の窓ガラス用のコーティングと比較しても、耐久性が15年以上と長期間な事もおすすめする理由です。
大事な窓ガラスを長く安心して使うためにも、一回の施工で長期間効果が続く窓ガラスコーティングが最適です!

窓ガラスフィルムと比較しても、耐久年数・必要材料などで違いがある窓ガラスコーティングは、コストパフォーマンスの良さで最近注目を集めている施工方法です。
弊社「コーティングPRO」では、迅速・丁寧・安心価格でお客様の大事な窓ガラスを施工させて頂きます!
詳しくはお問い合わせください!

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問