窓ガラスに遮熱断熱 コーティングをするには、理由があります。

どうして、窓ガラスの遮熱断熱 コーティングは必要か?

大きくて綺麗な窓ガラスは、家の中でも自慢の一つです。
しかし、大きくて綺麗な窓ガラスも、紫外線や赤外線、結露や虫などの様々な要因で、気付かないうちに汚れや傷が付いています。
また、目には見えない小さな傷が原因で、やがて大きなヒビとなる場合もあります。
そのため、窓ガラスにも定期的かつ適切なお手入れが必要です。
そこで、弊社「コーティングPRO」がオススメする施工方法が「窓ガラスコーティング」です。
この窓ガラスコーティングを行うと、綺麗な窓ガラスを長年に渡り維持出来るので、現在も多くのお問い合わせを頂戴しています。

様々な影響がある紫外線はしっかり防ぐ必要があります。

紫外線は住宅・住人の大敵

日焼けを始めとし、シミやソバカスなどの女性の悩み、目に入ると角膜を痛めてしまうなど、様々な影響があるのが紫外線です。
夏場に強いイメージがある紫外線ですが、実は5月のゴールデンウイーク前後が最も紫外線が強い時期です。
それらを考えると、1年中紫外線対策を行う必要があります。
弊社「コーティングPRO」がおすすめする「窓ガラスコーティング」は、1年中強い紫外線を防ぐため特殊なフィルムを用いて、UVカットや日焼け、外からの熱を遮断するなどの効果が得られます。
また、地震などでのガラスの飛散も防ぐ様々な効果があります。

窓ガラスを通して多くの赤外線も室内に入ってきます。

赤外線カットで節電・省エネ

毎日過ごす自宅の窓ガラスを通して、様々な物質が室内に入ってきます。
家具の日焼けやシミやソバカスの原因にもなる紫外線などが挙げられますが、赤外線も忘れてはいけません。
赤外線も紫外線も同じく、目には見えないので知らずのうちに体に影響を及ぼします。
そこで弊社「コーティングPRO」は「窓ガラスコーティング」と呼ばれる施工方法で、赤外線を室内に入れない様な工夫がされています。
赤外線を遮断する事により室内を快適にする事・エアコンの省エネ効果も期待出来ます。

窓ガラスに付くと不快な虫や結露も防ぐ事が出来ます。

防虫効果・結露抑制も期待出来る

窓ガラスには、紫外線・赤外線を含めた様々な影響がやってきます。
その中でも不快なのが「虫」「結露」です。虫が付きやすいのは特に夏場で、室内の光によって虫が集まってきます。
また、冬場の室内との温度差で発生する結露も不快な現象の一つで、結露を放置しておくとカビの発生源となります。
「窓ガラスコーティング」を施工すると、UVカット効果で虫が寄り付かなくなり、結露も発生しにくくなります。
弊社「コーティングPRO」も、この窓ガラスコーティングを施工しています。

弊社「コーティングPRO」では、窓ガラスコーティングを始め様々なコーティングでお客様のお悩みにお応えしています。
綺麗で見栄えが良い窓ガラスを維持するためには、窓ガラスコーティングが最適な施工方法です。
施工費用など、お気軽にお問い合わせください!

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問